最近・・・

なにやら最近、このBlogのアクセスが増えてきたような・・・
某MLに投稿したせいなのか。
それとも、某氏が、Blogのとある記事(無題)を紹介してくれたせいなのか。

SNSの次はSecond Life?
バーチャル何とかと言うのが好きなようですね。

INTERNETは、技術者や研究者などが利用する性善説に基づいたPtoM、MtoPにも使えるPtoPのネットワークだった。
それが爆発的な利用者(しかも専門家以外の人がほとんど)の増加によって、社会構造(あらゆる面での)がINTERNETの世界に持ち込まれてきた。
リソースの配分、管理、経路制御、様々な局面で技術的視点からだけでは対応ができなくなってきた。

JUNETからJUNET協会になった頃あたりから、社会構造がINTERNETの世界に反映されるようになり、なにやら怪しげな状況になってきた。
INTERNETの世界には、UNIXの文化を基礎にしていると考えていた。利用者自らが作り上げる、それがINTERNET。そう考えてきた。専門家だけのネットワークだった時はそれで良かった。
123postbox-000-480.jpg
「利用者自らが作り上げる」それはボトムアップを意味する。行政機構にINTERNETに関する管理機構を作り、制度、法律を作る。そうではなく民間の団体が制度を作り、利用者合意の基に管理運営していく。そういう道を選択し作られたのがJPNICであったと思っている。
これは大きなリスクを伴う大変な選択である。専門家だけのネットワークであれば容易に実現できるだろうが。社会構造がINTERNETに反映されるようになった時点で大きな問題を抱えてしまうことになる。
利害の対立する複数の組織を取りまとめていかなければならない。常に利害の対立する複数の組織から等距離を置かなければならない。同業者組合ではその実現は難しい。Non Profitな組織が中心になり、管理組織自体をNon Profitにすることがもっとも有効な方法であろうことは容易に推測が付くと思う。
残念ながら、今のJPNICの実態はこれとはかけ離れている。
JPNICの会員は年々減少している。それはJPNIC会員としてのBenefitが不明確だから減っているのではなく、中立性(公益性)、調整能力に疑問を感じているから減っていると推測される。
Non Profit性を全面に出し、JPICの使命を明確にしていくことが重要である。政策立案過程においては、一部の人だけで決定されていると言う印象を与えないように細心の注意を払わなければならない。さらにNon Profit性を全面に押し出すことから、政策決定の中心はNon Profitでなければならない。

   

Posted by Jun Takemura | Category: JPNIC | 0 comments |

ガバナンス

統治って言う意味?

急速に技術が発展してきた。社会や人々の生活にしっかり定着する間も無く技術が発展してきた。専門家とか技術者とか研究者が自分達の利便性を追及してきただけ。技術的興味だとか、自分の研究を進める上で便利だったからとか、自分達だけが使うつもりだった。少なくても最初のうちは。
自分達で使うために作り上げてきた。使う人自身が作ったものだから便利で使いやすい。いろんなことに使える。当然いろんな人が使い出した。こうして爆発的に広まり、日本では人口普及率が70%超えるようになった。企業でも今やインターネット無くしては業務が進捗しないまでになっている。

ちょっと資料の整理・・・

   

Posted by Jun Takemura | Category: JPNIC | 0 comments |

日本ネットワークインフォメーションセンター

JPNICと言う団体を知ってますか?
日本ネットワークインフォメーションセンター、Japan Network Infomation Center、略してJPNICですね。簡単に言うと日本におけるインターネットが円滑に機能するための仕事をしている社団法人。ドメインの割り当てポリシーだとか、IPアドレスの割り当てポリシーだとか、ドメイン名に関する紛争の調停ポリシーだとかを検討し決めている、いわゆるインターネットガバナンスの中心になっている団体。

知っている人の方が少ないですよねぇ。

ドメイン名ってどうやって取ります?
プロバイダに申し込んでお金を払って・・・ですよね、たいていは。
じゃ、そのプロバイダはお客さんから頼まれたらどうするんでしょうか。
ドメイン名って世界中、インターネットで繋がっている世界中で同じものがあっては困るんです。でもほとんどのプロバイダって国内だけで営業してます。プロバイダが世界中のドメイン名のデータベースを持っているんでしょうか。
いいえ、プロバイダはそんなデータベースは持っていません。
それを持っているのがJPNICなんです。正確に言うとちょっと違うけど・・・。そのデータベースを実際に管理しているのはJPRS(Japan Registry Service)と言う会社。でも管理方針をきめているのはJPNICなんです。国際的な取り決めに基づいてJPNICが管理方針をきめているんです。
IPアドレスだって、それと同じ。もっともIPアドレスはJPNICが直接割り振っています。その割り振り方も国際的な取り決めに基づいてます。IANAを頂点とした国際的なガバナンス機構ができています。

   

Posted by Jun Takemura | Category: JPNIC | 0 comments |

1/1

Vintage Hat Fedora Chiku Kougei

ヴィンテージハット フェドラ帽 竹工芸

CALENDAR
<< October 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
New Entries
Categories
Recommend
Recent Comments
Archives
Profile
Other
  • count : hits!